新興市場の代表格①ネット関連企業

日本の新興市場では、近年で急成長をしてきているネット関連企業が多く出てきています。

そうした企業では以前はマザーズ市場に上場していたものの、業績の急拡大を受けて東証一部銘柄へ昇格するところが相次いでいます。ここ数年で急成長してきたネット関連企業においては、ソーシャルゲーム事業で収益を伸ばしてきた特徴があります。

このソーシャルゲームで収益を伸ばしたネット関連企業としては、まずガンホーが挙げられます。ガンホーのソーシャルゲームとしては、パズルを合わせて対戦をするゲームが大ヒットをして業績が急拡大をしました。現在ではコンシューマーゲームでも展開をしたり、スマートフォン向けでは海外への展開を強化しています。

次にネット関連企業として、ミクシィが挙げられます。ミクシィはスマートフォン画面で引っ張って弾く動作がうけたゲームが爆発的ヒットをしています。以前のミクシィはソーシャルネットワーキング事業が振るわなく、業績が低迷していました。しかし、ソーシャルゲームのヒットによって、企業の業績は大化けをしています。現在はソーシャルゲームを持続的に楽しんでもらえるように、他社と提携して著名なキャラクターを登場させるなどのコラボを展開するようになっています。

次にネット関連企業として、コロプラが挙げられます。コロプラは従来は位置情報ゲームをメインに展開していましたが、今は多くタイトルを同時に展開するようになっています。とくに近年ではクイズの回答で進めるゲームや、本格的なRPGゲームなどがヒットを記録しています。今後も多くのタイトルを有することで、安定した業績を確保することが期待されます。

その他のネット関連企業としては、競馬ゲームやアニメを題材にしたゲームを展開しているドリコムや、恋愛シュミレーションゲームを展開するKlabが挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です