東証一部、東証二部と、マザーズ市場の違い

日本には株式市場がいくつか存在します。ここで株式の売買が盛んに行われるわけですが、個人投資家の場合は株式市場で直接取引をするのではなく、証券会社などを通じて、株式投資における取引の代行を行ってもらうのが基本です。

株式市場の種類をいくつか取り上げると、東証一部、東証二部、マザーズ市場があげられます。この他にも市場が存在します。

この中で、特に有名なのが、東証一部です。他の市場との違いですが、最も条件が厳しいという特徴を持っています。株主数2200人以上、時価総額250億円以上の企業でなければ上場できません。そのために国内の大手企業が最もひしめき合っている市場になっています。

東証二部は東証一部よりも条件がやや緩めで、株主数が800人以上、時価総額が20億円以上の規模の企業が名を連ねています。東証一部よりも格下の印象が強いですが、それでも他の市場に比べると条件が厳しいのが特徴です。

マザーズ市場は、東証二部の下に位置する市場です。東証二部に比べると条件が遥かに緩いため、新興企業やベンチャー企業の銘柄が目立ちます。これから上の市場を目指すために、着々と企業の実績と実力を積んでいる企業が多くなっています。
ちなみに、ジャスダック市場もよく知られていますが、マザーズ市場と同じような位置づけです。

個人投資家であれば、倒産のリスクが少ない、東証一部の企業を中心に、銘柄を選びたいところです。マザーズ市場の企業はこれからの成長が期待できますが、企業としての地盤がやや弱いため、急に倒産してしまうリスクを持っています。その銘柄の企業が倒産すると、保有している株式の価値がゼロになりますので、資産を大きく減らす結果になってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です