新興市場とは?

株式投資をする時は大きなところを利用することが多いですが、そうではない新興市場を利用する人もいます。
この新興市場とは大手の取引所ではない小さめな所で、ベンチャー企業などがよく上場をしているところです。

新興市場では小さな会社が上場していることが多いため、株を購入すると大きく化けることがあると同時に、上場している会社が潰れるリスクもあるため、ハイリスクハイリターンな相場になってます。
この相場は個人投資家にも人気が高く、うまく行けば大きな利益を得られるので評価をされていますが、新興市場は相場の変動が大きい所で、そういう変化を読まないとうまく利益を上げられません。

ではなぜそのような変動が起こるのかというと、それは発行している株式が少ないからです。
大手企業の場合は発行している株式が多いため、価格があまり大きく変動しない所があります。
しかしこの市場では参入している業者が発行している株式の数が少ないので、簡単に株価が大きく変動します。
そしてそういう変動を期待して買う人が多い影響で、極端に株価が変動をする事がよくあります。

このような特徴があるのでこの相場を利用する時は、市場の変動が非常に強いことをよく考えながら投資をする必要があり、よく考えないで手を出すと大きなリスクを背負うことになります。
ただ最近は新興市場も落ち着いてきている所があり、以前ほどは激しい動きをしないことが増えてきています。
それはベンチャー企業があまり出てこなくなったことも影響をしていて、一時期ほどの活発な動きは減りつつあります。
しかしそれでも他の取引所に比べると活発な動きをしているので、そのような取引をしたい時には利用しやすいです。

投資顧問とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です